カテゴリ:2014年 台湾( 1 )

2014年 台湾ぶらり小旅行

b0301568_14352015.jpg
1014年の11月、台湾で友達と2泊3日の小旅行をしました。久しぶりの一人ではない、それもアジアの旅で新鮮でした。一緒に行った友達は海外旅行は20年ぶりくらいで個人旅行となると初めて。なので旅行の計画はすべて私に任されました。嬉しい反面プレッシャーも大きかったです。それでも気の合う友達との旅はとても楽しかったです。




1日目

b0301568_14395345.jpg
早朝、友達と広島空港行きのリムジンバスに乗り1時間ほどで空港に到着。広島空港は20年ほど前に香港に行った時以来で、関空と比べるととても小さく迷うこともなくスムーズにチェックイン。飛行機も小さめ。2時間半でもう台北に着いた。その日はすぐに九分に移動し、猫村を訪れ九分で1泊するという予定だった。台北に着くと天気は曇りで、肌寒い!ネットで調べたら台湾はまだ夏日とのことだったので薄手の服しか持って行ってなかった私。ちょっと焦る。空港から九分への移動には、まず台北市内にバスで行き、そこから九分行きのバスに乗る。長栄というバス会社のバスに乗れば九分行きのバスが出るバス停に停まるのでそれに乗った。バスの中は綺麗で装飾も凝っていた。台湾って思った以上に近代的なんだな~と思った。1時間ほどでそごう前にバス停に到着。バスを降りた目の前に小さなカジュアルな服屋さんがカーディガンをたくさん売ってたのですがるように1枚買った。肌寒さから救われる☆その服屋さんの横に肉まん屋さんあり!友達とひとつずつ買って食べてみた。そこから10秒ほどの位置に九分行きのバス停がある。数人の人がバスを待っていた。すると愛想のよいおじさんが「九分に行くならバスより相乗りタクシーはどう?」と勧めてきた。「バスでは1時間40分かかるけどタクシーなら50分だよ!」なんて言う。そのタクシーだと一人1500円ほどで行ける。バスなら500円弱。ちょっと迷ったけどちょうどバスが来たのでバスに乗った。で、バスで正解!1時間ほどで九分に着いた。あのおじさん、1時間40分もかかるだなんて言ってたな。九分に着いてまずはこの日泊まるホテルに荷物を置きに行った。観光客でごった返す通路を少し歩くとわかり易い場所に風情漂うレストラン兼ホテル(B&B)「九重町」がある。このホテルは結構人気で早めに予約しておいた。まだチェックイン時間前だったので荷物だけ置いてタクシーで猫村に移動した。九分からタクシーで15分くらいの所に猫村がある。猫好きなら一度は訪れたい場所!小さな駅前周辺に猫がたくさんいて住民も町おこしに頑張っている。着くともう猫だらけ(笑)

b0301568_14574135.jpg



お土産屋さんも猫グッズばかり!オブジェなども猫ネコねこ!!!猫好きには嬉しくてしょうがない村☆一緒に行った友達は猫好きではないけど私に付き合ってくれた。そこにいる猫はストレスがなくのんびりと生活しているようだった。いたるところに猫用のベッドやアスレチック、小屋などがあって地元に愛されてるのがわかる。



b0301568_1594324.jpg



この壁に描かれた絵がすごくかわいい!


b0301568_15105416.jpg



駅の壁も、トイレもポストもみんな猫仕様☆ついつい写真を撮ってしまう~~!

b0301568_15163222.jpg


にゃんこ達は・・・・みんなフレンドり~~!

b0301568_15171723.jpg


なぜか数匹の中型犬もいたけど、ここでは猫様が立場が上だと理解してるようで、まるで猫たちの家来のようだった(笑)

b0301568_1518263.jpg


駅舎を見下ろす高台で毎日幸せに暮らす猫たちがうらやましい~~

b0301568_15202158.jpg



小さな駅前の猫好きの聖地・・・そんな猫村を訪れることが出来て嬉しかった!




b0301568_15212689.jpg九分に戻ったのは夕方の5時前。ホテルにチェックインしたら観光客で賑わう町中を歩いてみた。かなりの人!狭い路地にはお店がひしめき合ってる。お土産屋さんがいっぱい。食べ物もたくさん売っていた。そろそろ小腹が空いたので何かを食べようということに・・・どうせなら地元の味を楽しみたい。ふと路地から入った小さな食堂が目に付いた。そこのオーナーのおじさんが笑顔で合図するのでここに決まり!


b0301568_15252287.jpg日本語のメニューもあった。小さな食堂は飾りっ気がなくていかにも地元食堂ってかんじ!肉麺とチャーハンをオーダー。どっちもおいしかった。量も多くてお腹いっぱい。そしてさらに九分散策へ・・・


b0301568_15283221.jpg
九分なら絶対見逃せない絶景ポイント!「千と千尋の神隠し」の舞台となった景色!これは夜見ないとだめだよね。赤ちょうちんが幻想的に浮かび上がってる。ジブリファンでなくとも感動すること間違いなし。


b0301568_1531878.jpgとはいえ、すごい人!狭い路地ですれ違うのも一苦労。写真をとっても絶対人の頭が入る(笑)これはもうしょうがない・・・。人の流れに身を任せてゆっくり進む。かわいいお土産屋さんが立ち並ぶ。ここらへんで茶芸館でお茶を飲みたい。台湾と言えば茶芸館!贅沢なお茶タイムを一度は体験しておかなければ!!



b0301568_15344939.jpgガイドブックにも載ってた茶芸館を発見。そこに入ろうか悩む。そして路地を行ったり来たり・・・賑わう通路から少し外れた所に木枠の窓の感じがとても素敵で落ち着いてる茶芸館を見つけた。ひっそりと佇んでいて誰も入っていない様子。入りにくいかな・・・なんて店内を見渡すと。猫ちゃん発見!!いろりの前で爆睡の猫ちゃん!


その猫ちゃんでここに決まり!!(笑)猫ちゃんのすぐそばには女主人がいて、とても優しい笑顔で迎えてくれた。日本語で「お茶ですか?」と。3階の客間に案内してくれた。他に客はなく貸切状態!!落ち着いて素敵な空間に感動!と同時にめちゃ高いのでは??なんてハラハラしたり・・・

b0301568_15382367.jpg



女主人が丁寧にお茶の説明をしてくれた。おすすめは「東方美人」というお茶。美容にも健康にもいいんだそうで、それにした。作法がわからない、というとこれまた丁寧にすべてを見せてくれた。彼女の入れてくれたお茶はとてもおいしかった。窓からの少し冷たい風が心地よくて、ふたりでしばしまったり・・・窓から見える遠くの民家の灯りがぼんやりときれい☆
b0301568_15403548.jpg




茶芸館を出てふたたびそぞろ歩き。観光客がだいぶ減ってきた。台北からバスで来てる人たちはバスの時間があるのである程度の時間になると一斉にいなくなるようだ。茶芸館での優雅な時間の余韻にひかれ、茶器のお店に入った。素敵な茶器セットたくさん!セットまではいらないけど湯呑の単品が欲しい!どうやらバラでも売ってくれるとのこと!!ふたつ買ってしまった。

そのあとに入った食堂は映画のロケにも使われたという有名店。店内は趣があった、しかし頼んだケーキはにんにくの風味でまずかった!!どうやらにんにくもケーキも同じ冷蔵庫に入れていてニオイが移ったのだろう。ゲンナリ・・・。忙しすぎて気が回らない・・そんな店だった。
夜も遅くなるとお土産屋さんは一気に店閉め。私たちもちょっと名残惜しくホテルに戻って就寝。




2日目
b0301568_15575561.jpgホテルの朝食はヴュッフェ。台湾らしいメニューが嬉しい。普段は食べないお粥もおいしい。9時にはチェックアウトをして台北市内へ向かうためにバス停に向かった。この日も曇っていて肌寒い。バスが来るまで韓国人の女性としゃべった。同じく台北市内に行くけどいったん最寄駅までバスで行き、そこから列車で台北まで移動するとのことだった。私たちもそれにすればよかったと後で後悔・・・とうのも。バスでそのまま台北市内い戻ったのだけど私のミスで降りるべきバス停より前に降りてしまい・・・どこに降りたのかわからず。人に地下鉄乗り場を訊き、かなり歩いてしまった。方向音痴なうえに早とちりな私。おもわぬミスでタイムロス!なんとか地下鉄に乗ってこの日泊まるホテル前の台北駅に着いた。



駅から出てすぐにある立地の便利なホテルについてびっくり!思ってた以上に高級なホテル!!日本で早く予約したとはいえとても安かったのに!!立地がいい場所での安いホテルだからまったく質には期待してなかった。普段の私の節約旅行では考えられないグレードのホテルだった。ちゃんとドアマンがいるし(笑)レセプションに歩み寄る前から日本語対応のスタッフがそばに来てくれて丁寧な対応。何度も「あの値段でここ?」っと一人で連呼してしまった。チェックイン時間前だったので荷物だけ置いてランチに向かった。この日のランチは飲茶と決めていた。ガイドブックに載っていた地元人に人気のお店。公館駅を降りて徒歩10分位で路地の中にお店発見。



b0301568_1610225.jpg
蟹ミソシュウマイと海鮮春巻きが絶品!!そこで飲むポットの花茶もおいしかった。ランチの後は康青龍という学生街を散策した。おしゃれなカフェが立ち並んでいた。一昔前の台湾と比べるとかなりおしゃれで近代的になったと聞く。学生が多く若者の街ってかんじだった。ガイドブックに載ってたコーヒーのおいしいお店に行きたかった。地図を見て探しまくったけどなかなか見つからない。もうなくなったのか??あきらめかけたころに小さな路地の一角に小さなカフェが!!「ここだ!!」見過ごしてしまいそうな控えめな佇まい。入るとオーナー夫婦が笑顔で迎えてくれた。どうやらギャラリーカフェらしい。作家さんの作品が置いてある。静かでひとりでも入り易そうなカフェ。私はカフェオレとケーキを注文した。友達は1杯1000円のブレンドコーヒーを思い切って注文☆コーヒーの賞をとったというその1000円コーヒーは一口飲ませてもらったけど本当においしかった!!!勿論カフェオレもおいしいいし、ケーキ―も絶品!!こんなお店が地元にあったら毎週でも通いそう!私もどうせなら1000円のコーヒーにすればよかった(笑)


b0301568_16181042.jpg

若者街の散策後はさらに地下鉄で移動して台北101に上った。やっぱり台北に着たら登っておくべき?!上るのも、降りるのも並ぶほどの観光客の多さ。展望台エリアからの見晴らしは圧巻!曇りでも遠くまで景色が見渡せた。

タワーを出たら夕方で日も暮れかけていた。一度ホテルに戻って部屋にチェックインした。部屋がこれまた素敵!ダブルベッドが二つで4人分のタオル、アメニティー、コーヒーセットが置かれてあった。4人まで泊まれる部屋ということだからだろう。嬉しい!!!15階の窓からはすぐ隣の台北ホテルのライトアップが見下ろせた。




ホテルの部屋で一息ついた後は夜市に向かった!台北で一番賑わう士林夜市!地下鉄に乗ってる間にも気持ちがはしゃぐ。駅に着くとすぐ目の前が夜市で賑わっている!!はずが・・・閑散としてる。なんで?と行ったり来たりグルグル歩き回った。どこに夜市???降りる駅を間違ったことに気づくのにも時間がかかった。またしても私のミス!!!紛らわしいのは降りた駅の名前が士林駅なのに士林夜市があるのはその一つ手前の駅だったことをすっかり忘れていた。も~~~友達にも本当に申し訳ないし、今回の旅では持病(?)の膝裏の痛みが出てきててさらに旅の足を引っ張ることに・・・かなり落ち込む私に友達は「いいよ、いいよ」と逆に慰めてくれてウルル。気を取り直して夜市散策。痛い膝裏を我慢しながらそれなりに楽しんだ。有名な揚げチキンやタピオカも堪能。ホテルに戻ったら10時頃。快適な部屋で冗談を言い合ううちに眠りについた。


b0301568_16254897.jpg






3日目
b0301568_13494159.jpg帰国の日。フライトの時間は夕方だったので午前中はまだ台北でゆっくりできる。この日にどうしても行きたい場所があった。それは布市場に布を買いに!台湾花布というカラフルで台湾らしい布を買いたかった。タクシーで10分ほどで着く布や裁縫に使う小物を売ってる界隈がある。中でも布問屋がたくさん入ってるビルがあってそこの2階のフロアは目移りしてしまうほどの布の山!台湾花布は勿論、かわいくてポップな布も日本で買うより少し安い。今年になってミシンにはまった私。個性的な布でバッグなどを作るのが大好きで。この度で一番お金を使ったのはここだった(笑)


b0301568_13583229.jpg






昼過ぎには空港行きのバスに乗った。友達との楽しい小旅行はあっという間に終わってしまった・・。




[PR]

by over-the-ocean | 2014-11-17 15:56 | 2014年 台湾 | Comments(2)