2015年 ウズベキスタン(後編)

続き



5日目

この日はサマルカンドへ移動。移動時間は5〜6時間とそこそこかかる。

b0301568_17505151.jpg


移動の途中にキャラバンサライの跡に寄って見学。
だだっ広い平原の中にいきなり現れるキャラバンサライが圧巻!

b0301568_17544285.jpg

昔は多くの旅人がラクダの群れを引き連れてここに寄ったのだろう。
道を挟んで水を溜め込むオアシスもあった。
思いをめぐらせるとさらに感慨深い・・・


この日はやけにトイレが近く、移動中のトイレ休憩を余計にリクエストしてしまった。
このキャラバンサライの寄った時にどうしても尿意が我慢できなくて、ガイドさんに打ち明けると
ちょうど側に元チャイハナの跡があって、そこの外のトイレを使うことに。
「すごく汚いけど、フェンスを誰でもくぐってトイレを使えるからいざという時には便利です」と。
確かに汚いけど、ないよりマシ!ありがたきトイレ!




昼過ぎにサマルカンドへ入った。
そのままランチタイム★


「まず観光客が来ることのない、地元で人気のお店です。」とのこと。

お肉の入ったスープとは別におさらに入ったうどんらしきものが出てきた。
どう見てもうどん。
それをスープに付けながら食べるらしい。
おいしい!でも量が多くてかなり残してしまった。

そのあと観光へ!

b0301568_1882472.jpg


ウズベキスタンで最も有名とも言える観光地レギスタン広場。

3つの神学校が向き合ってる佇まいがおもしろい!


b0301568_1810243.jpg

神学校の一つの中を見学して、あとは3つの中庭がそれぞれお土産屋さんだったので
お買い物。

ガイドさんがおすすめの木彫りのプレートがすごく素敵だったので買うことにした。
ぱっと見陶器のようだけど木。


b0301568_1813202.jpg


とても細かい仕事とセンスの良さにため息♪
職人のおじさんは日本のガイドブックにも僕が載ってるよ〜って自慢げに見せてくれた。

b0301568_18143147.jpg


あとはロバの置物が欲しくてずっと探してたんだけどなかなか見つからず。
置物といっても陶器とかではなくフエルトでできたかわいい感じのが欲しくて。
どこにもないな〜と思ってたらひとつのお土産屋さんにあった!!

b0301568_1815501.jpg

若い店員さんが「何を探してるの?」と聞くから「ドンキー!」って言うと
「ドンキー??」ってなんのことかわからない様子。
でもその人のお店に入るや否やロバ君発見!
しかも私が理想としてたロバそのもの!
だから「あった!!」って喜びを表しすぎたので絶対買うとバレバレ。
値切ってもあまり安くならなかった(笑)
それでも満足満足★



b0301568_1433126.jpg

そのあと活気溢れるシヨブバザールを見て歩いた。
いろんな食材があって、立ち止まるとたちまち「買って!買って!」の嵐。
試食させてくれるのは嬉しいが、落ち着いて買えない。
ナッツの加工品で美味しいのがあったけど勢いが凄すぎて疲れ、買わずじまい(笑)



それから大型モスク・ビビハニムを見学★

b0301568_14333721.jpg




一度ホテルでチェックインを済ませ、夕食をいただく民家へ行った。

b0301568_1436913.jpg
民家といってもいつも観光客をおもてなししている専用の部屋(ほぼレストランみたい)があって
この日は私たちだけだった。
そこの16歳の男の子とその友達がやけに人懐っこく、私たちのそばに来て話しかけてきた。
親御さんはほとんど姿を見せず、まるでその子供達が接客してる感じ。
思春期だからか髪型とか気にしてるようだけど、素直な二人。
飼ってる鳥を見て欲しい、と鳥小屋に連れて行ってくれたり、なんかかわいかった。


この日はガイドさんからのサプライズで伝統舞踊を観れることに!
しかも途中から私とKさんが駆り出され民族衣装を着て踊ることになった!
訳も分からず踊り子さんのフリを見ながら踊った。
楽しかった〜〜(^0^)




b0301568_14411483.jpg
ホテルの前でガイドさんとドライバーさんに「おやすみ!」を告げたあと、3人でホテルの前のライトアップされたモスクと神学校の跡地を歩いた。
夜でもスリなどを気にしないで歩ける治安の良さ。
明日はもう最終日。
満月の照らされたモスクを見ながらこの度の終わりを惜しむのであった・・・。






6日目
ホテルを出発する前に昨晩3人で歩いたモスクの中を見学することに。
b0301568_1551279.jpg


こじんまりしたモスクだけど佇まいが素敵。
この日はやけに天気が良くて普段は寒いウズベキスタンも小春日和。
とても気持ちが良かった。

b0301568_14531881.jpg


サマルカンドを離れる前に霊廟が立ち並ぶシャーヒズィンダ廟群の見学。
とにかくいろんな時代の廟がずらり並んでいて、一つ一つの違いを聞くのが面白い。

途中小部屋に入ったらいきないお祈りの歌が始まって出るに出れず・・・
息を飲んでひっそりとして、歌が終わるのを待った。




こちらではおなじみの丸いパンは焼きたてを朝一で売っている。
いい香りが漂う中地元の人で溢れるパン屋さん。

b0301568_14575293.jpg

Nさんがランチタイムの時にみんなで食べましょう、とパンを2種類買ってくれた。

この日の夜に飛行機で帰国。
タシケントへの長い道のりをひたすら進む。

お昼ごはんはこれまた絶対加工客が行かないという、シシケバブのおいしいお店へ連れて行ってもらった。

b0301568_1514195.jpg

駐車場に着いたら炭火で焼かれたケバブのいい香りが漂う。
焼いてる煙がもくもくと上がっていた。
羊、牛、鳥、ミンチのケバブ!
どれもおいしい!



b0301568_1531581.jpg


これがケバブの食べおさめだな、としっかり食べておいた。

ふと羊飼いの群れが道を阻む。
その光景に癒される。

b0301568_1571373.jpg


タシケントに入ったのは夕方。
フライトの時間までそんなに余裕がなかったけどKさんがこの旅でどうしても行きたいとリクエストしていた日本人墓地に寄った。

本当にこのガイドさんはすごい。
時間をうまく調節して、みんなの希望にとことん応える!
KさんもNさんもリクエストをしっかりして、応えてもらっていた。
私は特に希望はなかったけど最後にもう一度ニンジンサラダが食べたいと言ってみた。

余ったウズベキスタンのお金スムを使い切るためスーパーマーケットにもちゃんと寄ってくれた。
ちなみに5千円をスムに買えるとこんな札束になるんだよね・・・

b0301568_15112927.jpg


このスーパーでばらまき土産をここで一気に買いこんだ(笑)


b0301568_15134361.jpg
フライト時間がせまってる!
それでも最後の私のリクエスト「ニンジンサラダ」を忘れないガイドさん。
初日の夜に軽く夕食を食べたお店に連れて行ってくれた。
そうそう、この店で食べたニンジンサラダに感動したんだよね!
ちょっと慌ただしく食事をすませ、空港へ!
そしてついに素敵な旅が終わって、プロフェッショナルなガイドさんとさよならしたのでした。


3人一緒にソウルまで。そこでお二人ともお別れ。
やっぱり泣いちゃう私・・・・この3人だったからこそ楽しかったんだよね。

本当にウズベキスタン、いい国でした!




b0301568_15162536.jpg

[PR]

by over-the-ocean | 2015-12-11 15:26 | 2015年 ウズベキスタン | Comments(2)

Commented by fuzzy at 2015-12-11 16:33 x
ウズベキスタン楽しかったみたいね~。
私にとっては知らないことも多い国だけど、写真とか見てて、とっても楽しかったよ。
Commented by over-the-ocean at 2015-12-12 08:16
fuzzyさん
長々と書いてるのに見てくれてありがとう!
ウズベキスタンの良さは日本にはまだまだ知られてないからこれを見てくれた人だけでも気づいてくれたら嬉しいよ。